豪州米は、一種ではない。 豪州米は、一種ではない。

豪州米の魅力を、大公開!

豪州米の特徴。

オーストラリア、
リートンの地で。

オーストラリアで最大の米生産地であるニュー・サウス・ウェールズ州。その中心がリートン。雨が少ない地域でありながら、マーレー川、マランベージ川は水に恵まれており、この豊富な水を利用した灌漑設備が米の栽培を可能に。マランベージ川流域灌漑地域の中心地、リートンで健やかにお米は育ちます。

南半球での米生産。

ニュー・サウス・ウェールズ州リートンで行われる米づくりの特徴のひとつは収穫期。3~5月の間に新米の収穫ができます。日本のお米の香りが落ちてくる7~9月の間に新穀輸入を可能にします。初夏から新米を楽しめると共に、北半球と収穫期が違うことで、供給のリスクヘッジにもつながります。

ローコストオペレーション

豪州では1農家当たりの耕作面積が400haであり、日本の1農家当たりの耕作面積1haに比べ、400倍と圧倒的な差があります。この差が、生産コストの大きな差の要因となっており、豪州米の価格優位性を確固たるものとしています。

3大品種の特長 -世界でも数少ない短中粒種-

穣の一粒 Opus

日本のコシヒカリを交配種に持つ豪州を代表する短粒種。コシヒカリの持つおいしさを維持しながら、高い単収を誇る品種で、おいしさと価格競争力の両面を合わせ持つバランスの取れた品種です。豪州では、Sushi Riceとして販売されています。まさに、日豪の代表的な作品(Opus)です。

穣の一粒 Southern Cross [南十字星]

高い単収による高い生産性と価格競争力を持つ中粒種(玄米では短粒種)。硬質米で大粒な特徴を持ち、粘り気のある国産米とブレンドすることによって、ニーズに合わせた食味を得ることが出来ます。日豪を代表する品種となるようにとの思いを込めて、Southern Cross(南十字星)と名付けられました。

穣の一粒 Koshihikari

日本のコシヒカリをオーストラリアで生産したお米。日本のコシヒカリ同様、良好な食味が特徴です。収穫は少なく、オーストラリアでの生産量はOpus以上に限定的です。豪州内では、貴重なお米として位置づけられています。

これからの豪州米。

輸入量の年々増加で、広がる需要。

日本国内における豪州米の需要は確実に伸びており、様々な飲食店で使用されるなど、認知度も向上を続けています。住友商事はSunRiceとの長年の取り組みによって豪州米の圧倒的な実績を誇ります。指名買いを受けるようにもなり、確実に需要も広がっていきます。

安定した供給で、
外食産業をサポート。

2012年から大手外食チェーンへの納入がはじまるなど、実績、信頼共に高まっています。大量かつ確実にお米を確保したい外食産業において、豪州米の安定的な供給が、安心感をもたらします。コストを追求しお米を仕入れる場合、一定の品質をキープできないという声もあり、その点で安定供給、安定品質は外食産業の品質維持だけでなく、採算維持にもつながります。

日本市場に対応。

豪州産オーパスを中心に、日本市場で受け入れられる米作りを住友商事のアドバイスにより実施。これからも一層、日本の食卓に合う米作りを徹底し、進化していきます。

豪州米新ブランド「穣の一粒」誕生。

ネーミング、米袋に込めた想い。

オーストラリアでの米づくりの礎を築いた高須賀穣氏の想いを、新ブランドのネーミングに込めました。様々な困難を乗り越え、つくり上げた、米一粒一粒に敬意を表しています。また、穀物の豊かな実りを意味する「穣」という漢字を大切に、日本ならではの書を使用したロゴマークを制作。米袋のデザインについても、オーストラリアの国のカタチをモチーフにしながらも、シンプルで美しいデザインを追求。それは、私たちの豪州米への自信の現れなのです。